脂肪燃焼

 腰をメジャーで測る

年を重ねるごとに脂肪は燃焼しにくくなってきて若い時と同じ生活をしていても太りやすくなってしまうでしょう。特に30代に突入すると目に見えて身体に脂肪がつきやすくなると言っても過言ではありません。もちろん個人差もありますが、30代以降は特に意識して運動をしたり身体を動かした方が良いかもしれません。ダイエットの方法も少し工夫が必要でしょう。低下した基礎代謝を上げることによって痩せやすい身体を再度作り上げることが出来るのです。30代以降は意識して生活の中に運動を取り入れてみましょう。極度のダイエットも身体にとってはマイナスになってしまうことがありますからダイエットをするというよりも健康を維持するという考えの方が良いでしょう。

30代になると一気に脂肪がつくこともあります。それは年齢とともに筋肉量が減ってきて基礎代謝が低下しているのが原因でもあります。若いうちは基礎代謝も高いですから、何もしなくても脂肪を燃焼することが出来ました。ですからたくさん食べたとしてもエネルギーとして使われて太らないのです。しかし年齢を重ねると基礎代謝が低下してきて少ないエネルギーで活動するようになりますから、おのずとエネルギーの消費は低下してしまいます。それによって脂肪を溜め込みやすくなってしまいますから適度なダイエットが必要になってくるでしょう。 筋肉量の低下も原因の一つですから運動や筋トレなどをして筋肉量を増加させることも大切になってくるのです。